メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

日本代表次期監督候補、クリンスマン氏ら浮上 西野監督「W杯まっとうした」 長谷部「99%満足1%後悔」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表を2大会ぶりの決勝トーナメント(16強)に導いた西野朗監督(63)が、7月末の任期満了で退任することになった。日本サッカー協会の田嶋幸三会長が5日、明らかにした。次期監督候補としてドイツや米国の代表監督を務めたドイツ人のユルゲン・クリンスマン氏(53)が挙がっているほか、元J1名古屋監督のアーセン・ベンゲル氏(68)や日本人を望む声もある。

 日本代表は同日午前、約800人が出迎える中、成田空港着のチャーター機で帰国。千葉県成田市内のホテル…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文645文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです