貿易戦争

米が対中制裁関税を発動 中国も直ちに報復へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領=西田進一郎撮影
トランプ米大統領=西田進一郎撮影

全面対決、世界への影響拡大

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】トランプ米政権は6日(日本時間6日午後)、中国による知的財産権侵害を問題とした制裁関税を発動した。中国も直ちに報復関税を実施する方針で、トランプ大統領が世界に仕掛ける「貿易戦争」が一段と拡大する。世界1、2位の経済大国の全面対決の様相となり、日本を含む世界経済に悪影響を与える懸念が強まっている。

 トランプ氏は5日、記者団に対し、米通商法301条に基づき航空宇宙や通信機器などハイテク製品を中心に340億ドル(約3.7兆円)相当の中国製品に追加関税25%を課す制裁関税を予定通り発動する方針を表明。そのうえで「160億ドル分も2週間で実施する」と語った。米通商代表部(USTR)に検討を指示した追加の2000億ドル分などにも触れ、最終的には中国から輸入するほぼ全ての製品に対象を拡大する姿勢を示し…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文707文字)

あわせて読みたい

注目の特集