メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
オウム事件

死刑言い渡し その時、松本死刑囚身動きせず

松本智津夫死刑囚の初公判。東京拘置所を出て、東京地裁に向かう松本死刑囚を乗せた護送車=東京都葛飾区小菅の東京拘置所で1996年4月24日午前7時15分、中村琢磨撮影

04年2月27日の東京地裁判決

 「麻原彰晃と言います。その名前(本名の松本智津夫)は捨てました」「(職業は)オウム真理教の主宰者です」。東京地裁で1996年4月24日にあった初公判で、松本智津夫死刑囚(63)は自身を「教祖」と明言。約7年10カ月間で257回に及んだ1審公判はこうして幕を開けた。

 当初は弁護団との打ち合わせにも積極的だったが、96年9月の第8回公判で始まった弟子たちの証人尋問を境に態度が変化していく。松本死刑囚による指示を証言する弟子たち。翌10月の第13回公判では、地下鉄サリン事件の謀議を証言した井上嘉浩死刑囚(48)への尋問を中止するよう求めたこともあった…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです