メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

九州でも降雨被害 避難指示や避難勧告

 停滞する前線の影響で九州・山口地方は6日、各地で大雨となった。北九州市では、民家に土砂が流れ込み、2人不明との情報で福岡県が自衛隊に災害派遣要請した。同県飯塚市では陥没した道路に車2台が転落し、2人がけがした。九州北部・山口の4県で少なくとも計4万3414世帯8万8468人に避難指示、計38万9909世帯88万2431人に避難勧告が出た。

 北九州市門司区奥田では、民家に土砂が流れ込み、消防などが住民6人を救出。市消防局は民家内に住民2人が残っている可能性があるとみて、捜索が続いている。市内では小倉南区の紫川や八幡東区の板櫃(いたびつ)川などの流域にも避難指示が出た。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです