メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

東海、岐阜を中心に激しい雨

増水して樹木や遊歩道が水没した長良川=岐阜市の金華橋付近で2018年7月6日午前7時半ごろ、葛西大博撮影

 本州付近に停滞する前線の影響で、東海地方は6日も岐阜県を中心に大雨となった。岐阜県では午後1時現在、下呂市の90世帯293人に避難指示が出ており、114人が避難している。三重県では伊賀市が3247世帯7723人に避難指示を出した。気象庁は土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。

     6日午前3時10分ごろ、岐阜県羽島市福寿町間島の長良川支流の逆川排水機場で女性の遺体が発見された。70~80代で白色長袖シャツに灰色ズボン姿。水死とみられ、岐阜県警羽島署は身元の確認を急ぐとともに、大雨との関連を調べている。

     また、岐阜県では高山、飛騨、下呂、中津川など5市2町の1万2391世帯3万2689人に避難勧告が出ている。高山市や飛騨市で計6軒が床下浸水し、飛騨市古川町の護岸ブロックが約200メートルにわたり損壊した。

     毎日新聞の集計では、東海、近畿、九州などで約37万人に避難指示、約220万人に避難勧告が出された。

     名古屋地方気象台によると、3日午後1時から6日午前10時までの総雨量は、岐阜県本巣市樽見494ミリ▽同県関市板取463.5ミリ▽同県郡上市ひるがの429ミリ▽愛知県豊根村茶臼山412ミリ▽三重県大台町宮川182.5ミリ。

     8日にかけて本州付近に前線が停滞する見込みで、7日正午までの24時間に予想される雨量は岐阜県300ミリ▽愛知県100ミリ▽三重県100ミリ。【岡正勝、森田采花、駒木智一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
    2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
    3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
    4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
    5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]