メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム事件

公安調査庁が「アレフ」など立ち入り検査

オウム真理教元幹部の死刑執行を受けて、アレフ大阪道場に立ち入り検査に入る公安調査庁の調査官ら=大阪市生野区で2018年7月6日午前11時55分、望月亮一撮影

警察も関連施設の周辺で警戒に当たる

 オウム真理教による一連の事件で死刑が確定していた松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら7人の刑が6日執行されたことで、公安調査庁は同日、全国各地にあるオウム真理教の後継団体「アレフ」などの関連施設への立ち入り検査を始めた。警察も関連施設の周辺で警戒に当たっている。

後継団体「アレフ」の名古屋施設に調査官約10人

 公安調査庁は6日正午前、オウム真理教の後継団体「アレフ」の名古屋施設(名古屋市中区)で、団体規制法に基づく立ち入り検査を始めた。調査官約10人が訪れた。

 同庁によると、名古屋施設では信者10人前後が暮らしている。松本死刑囚の刑執行を受け、信者の様子を確…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです