参院

IRと定数6増両法案審議入り 自民成立へ強硬姿勢

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 参院議院運営委員会は5日、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を6日の参院本会議で審議入りすることを決めた。また自民党などが提出した参院の定数を「6増」する公職選挙法改正案は、同日の参院政治倫理・選挙制度特別委員会(倫選特)で審議入りする。立憲民主党など一部の野党は両法案の審議入りに反対したが、22日の今国会会期末を控え、自民党は両法案の成立へ強硬な姿勢を強めている。

 一方、パチンコを含めた依存症に対する国と地方の責務を定めたギャンブル依存症対策基本法案は、5日の参院内閣委員会で自民、公明、日本維新の会、国民民主4党の賛成多数で可決された。6日の参院本会議で成立する見通しだ。公明党は、IR実施法案よりも前に依存症対策法案を成立させるよう求めていた。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文741文字)

あわせて読みたい

注目の特集