メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会

改憲論議入り口見えず 戦略狂う安倍首相の「悲願」

衆院憲法審査会で国民投票法改正案について趣旨説明する自民党憲法改正推進本部長の細田博之氏(右)=国会内で2018年7月5日午前9時36分、川田雅浩撮影

 憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案が5日、衆院憲法審査会で審議入りした。自民党は改正案を成立させて改憲の「呼び水」にしようと狙ったが、与野党対立のあおりで衆参の憲法審開催もままならない状況が続き、今国会での成立を断念。国会冒頭で他党に改憲案の提示を促した安倍晋三首相の戦略は狂い、悲願の改憲は与野党協議の入り口すら見えない状況だ。【田中裕之、立野将弘】

 5日の衆院憲法審では、自民党の細田博之憲法改正推進本部長が国民投票法改正案の趣旨説明を行ったが、質…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです