メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマ

合意できず 資源管理委、中国が数量規制に反対 

世界のサンマ漁獲量に占める日本の割合

 日本や中国、台湾など8カ国・地域がサンマの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が5日、閉幕した。深刻な不漁に見舞われる日本は乱獲防止を目指し、公海での漁獲量に国・地域別の上限を設ける規制の導入を提案したが、中国とバヌアツが反対し、合意できなかった。乱獲防止ルールが定まらないことで、日本で「庶民の魚」として親しまれてきたサンマの価格上昇や漁業者への影響が懸念される。

 年次会合は東京都内で3日から開かれ、日中台のほか、韓国、ロシア、バヌアツ、米国、カナダが参加。日本…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文642文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです