メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ洞窟

「危険より救出優先」 大量の排水で農地冠水

急ピッチで進む洞窟内の排水作業=タイ北部チェンライ県で2018年7月5日、西脇真一撮影

 【チェンライ(タイ北部)西脇真一】タイ北部チェンライ県の洞窟に取り残された地元サッカーチームの少年ら13人について、ナロンサク・オソタナコーン県知事は5日、「準備はまだ100%に届かないが、どの程度になれば救出に着手できるか検討する」と述べた。これまでは体調の回復や潜水技術の習得なども含め「100%の準備」を強調していたが、多少のリスクがあっても早期に脱出させたい考えを示した。

 一方、これまでに1億3000万リットルという大量の水を洞窟から排出したため、周辺の農地が冠水する被害も出ている。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです