タイ洞窟

「危険より救出優先」 大量の排水で農地冠水

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
急ピッチで進む洞窟内の排水作業=タイ北部チェンライ県で2018年7月5日、西脇真一撮影
急ピッチで進む洞窟内の排水作業=タイ北部チェンライ県で2018年7月5日、西脇真一撮影

 【チェンライ(タイ北部)西脇真一】タイ北部チェンライ県の洞窟に取り残された地元サッカーチームの少年ら13人について、ナロンサク・オソタナコーン県知事は5日、「準備はまだ100%に届かないが、どの程度になれば救出に着手できるか検討する」と述べた。これまでは体調の回復や潜水技術の習得なども含め「100%の準備」を強調していたが、多少のリスクがあっても早期に脱出させたい考えを示した。

 一方、これまでに1億3000万リットルという大量の水を洞窟から排出したため、周辺の農地が冠水する被害も出ている。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文716文字)

あわせて読みたい

ニュース特集