メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大相撲名古屋場所

稽古に変化、にじむ覚悟 稀勢の里休場

すり足で汗を流すなど稽古に取り組んだ稀勢の里=名古屋市西区の田子ノ浦部屋宿舎で2018年7月5日、藤田健志撮影

 5日、大相撲名古屋場所への休場を決めた稀勢の里は「来場所に全てを懸けて頑張っていきたい」と語った。昨年の夏場所以降、休場を決めた当日に口を開くのは今回が初めて。次に出る場所に進退を懸けるのかとの記者の問いかけには、「そういう気持ちでやっている」と力を込めた。秋場所への並々ならぬ覚悟をにじませた。

 名古屋場所に向けた稽古(けいこ)に臨む稀勢の里には、これまでの場所前とは異なる姿が見られた。前頭筆頭の正代や同2枚目の千代の国ら、本場所で対戦が確実な相手と胸を合わせた。2日には白鵬とも相撲を10番取った。出稽古で両横綱が顔を…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文658文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです