メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

ウルグアイ-フランス戦 監督にも大きな注目

 6日のウルグアイ-フランスの準々決勝は、両監督にも大きな注目が集まる。

 ウルグアイのタバレス監督は今大会最年長の71歳4カ月。2010年南アフリカ大会でギリシャを指揮したレーハーゲル氏の71歳317日に次ぐ高齢監督だ。W杯で母国を率いるのは4回目だ。決勝トーナメント1回戦でまみえたポルトガルのサントス監督は63歳だった。合わせて134歳はW杯史上最高齢対決となった。

 フランスのデシャン監督(49)には選手、監督としていずれも優勝という史上3人目の偉業の期待がかかる…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  4. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  5. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです