メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

監督候補にクリンスマン、ベンゲル氏ら

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表を2大会ぶりの決勝トーナメント(16強)に導いた西野朗監督(63)が、7月末の任期満了で退任することになった。日本サッカー協会の田嶋幸三会長が5日、明らかにした。次期監督候補としてドイツや米国の代表監督を務めたドイツ人のユルゲン・クリンスマン氏(53)が挙がっているほか、元J1名古屋監督のアーセン・ベンゲル氏(68)や日本人を望む声もある。

 日本代表は同日午前、約800人が出迎える中、成田空港着のチャーター機で帰国。千葉県成田市内で記者会…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです