メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

将来検証可能に メール残す仕組み構築を

公文書管理の課題について語る山崎日出男・元内閣官房内閣審議官=東京都新宿区で2018年6月4日午後0時4分、片平知宏撮影

元内閣官房内閣審議官・山崎日出男さんインタビュー

 森友、加計両学園をめぐる問題や防衛省の日報問題など、公文書のあり方が問われる事態が相次いでいる。2009年6月に成立した公文書管理法の法案作成に、事務方の責任者として携わった山崎日出男・元内閣官房内閣審議官が退官後初めて毎日新聞の取材に応じ、現状の公文書管理の課題や法成立当時の内幕を語った。【聞き手・片平知宏】

--公文書の扱いに国民の不信感が高まっています。

この記事は有料記事です。

残り2423文字(全文2628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです