メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2取材日記

運用に奮闘する管制室の様子をリアルタイムで伝えて=永山悦子

探査機はやぶさ2の運用に取り組む宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所にある管制室=相模原市で2018年6月24日、永山悦子撮影

 私は、はやぶさ2の先代「はやぶさ」のときから取材してきた。初めてきちんと取材したのは、2005年秋の小惑星イトカワへの着陸運用だ。その際、太陽の反対側の3億キロも離れた場所で頑張る探査機の一挙手一投足が、ほぼリアルタイム(注)で手に取るように分かることに驚き、宇宙探査取材のとりこになった。

 そのリアルタイムの発信に一役買ったのが、当時流行していたブログだった。プロジェクトチームの広報担当者がブログ管理人を務め、日本語と英語で管制室の様子(はやぶさの状況、メンバーの議論の様子など)が紹介され、インターネットを通じて世界へ「実況中継」された。2回の着陸の際に開設されたブログのアクセス数は、約100万件に上ったという。

 はやぶさが10年に地球へ帰還する際は、プロジェクトにかかわる若手研究者3人がツイッターで情報発信した。現場で把握された情報を発信したほか、はやぶさの現状やプロジェクトチームの様子を分かりやすく、話し言葉で発信したことから多くのファンをつかんだ。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  2. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  3. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  4. 新型コロナ 世界の死者数200万人超える 3カ月半で倍増 米は最多39万人

  5. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです