メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2取材日記

運用に奮闘する管制室の様子をリアルタイムで伝えて=永山悦子

探査機はやぶさ2の運用に取り組む宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所にある管制室=相模原市で2018年6月24日、永山悦子撮影

 私は、はやぶさ2の先代「はやぶさ」のときから取材してきた。初めてきちんと取材したのは、2005年秋の小惑星イトカワへの着陸運用だ。その際、太陽の反対側の3億キロも離れた場所で頑張る探査機の一挙手一投足が、ほぼリアルタイム(注)で手に取るように分かることに驚き、宇宙探査取材のとりこになった。

 そのリアルタイムの発信に一役買ったのが、当時流行していたブログだった。プロジェクトチームの広報担当者がブログ管理人を務め、日本語と英語で管制室の様子(はやぶさの状況、メンバーの議論の様子など)が紹介され、インターネットを通じて世界へ「実況中継」された。2回の着陸の際に開設されたブログのアクセス数は、約100万件に上ったという。

 はやぶさが10年に地球へ帰還する際は、プロジェクトにかかわる若手研究者3人がツイッターで情報発信した。現場で把握された情報を発信したほか、はやぶさの現状やプロジェクトチームの様子を分かりやすく、話し言葉で発信したことから多くのファンをつかんだ。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです