メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

水の勢い目前に 避難さえ阻まれ(その2止) 梅雨前線が停滞

九州自動車道を山崩れの土砂が覆った現場=北九州市小倉南区で2018年7月7日午前8時半、本社ヘリから上入来尚撮影

 今回の大雨は、活発な梅雨前線が長期間停滞したことで起きた。さらに、東シナ海で発達した雨雲の塊から、大量の水蒸気が西日本付近に流れ込んだことも重なり、各地で激しい雨が長く降り続いていると考えられる。

 気象庁は6月29日、関東甲信地方で梅雨明けを発表。例年に比べ早い梅雨明けだった。

 しかし、今月4日に温帯低気圧に変わった…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文380文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです