メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

夜の住宅街襲う水 4年前の悪夢再び(その2止) 広島、もろい真砂土

広島市周辺の主な土砂災害現場

 広島県では過去にも大雨による土砂災害の被害が起きている。1999年6月の集中豪雨では広島市内の新興住宅地などで土砂崩れが起き、32人が死亡・行方不明となった。2014年8月には市北部の安佐南、安佐北両区で住宅地を土石流などが襲い、関連死も含め77人が犠牲になった。

 広島県の面積の約半分は花こう岩の地質が占めているとされる。花こう岩が風化してできた「真砂土(まさど)」と呼ばれる砂が硬い岩盤の上に堆積(たいせき)した地形が多く、崩れやすい山を削って宅地を開発した歴史がある。同県は、土砂災害の恐れがある「土砂災害警戒区域」を全国最多の約4万9500カ所と推定している。

 こうした場所は、大雨で地滑りや土石流が発生するリスクが高い。国と県は、14年土砂災害を機に砂防ダムなどの整備を進め、57カ所で緊急事業を完了させた。今回の現場がそうした場所だったかは不明だが、真砂土が堆積したもろい傾斜地だった場合、厚さ数メートルの地表が水を含んで一気に崩れた可能性が考えられる。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです