メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津波避難調査

計画策定6割 3県の45自治体 総務省東北管区 /宮城

 総務省東北管区行政評価局は6日、津波の浸水被害が想定される宮城、青森、秋田3県の45自治体における津波避難対策に関する調査結果を公表した。津波避難計画を策定している自治体は6割にとどまったほか、高齢者や障害者など要支援者を対象とした個別避難計画を策定している自治体はなかった。

 調査は昨年8~12月、内閣府や県が津波浸水被害を想定する宮城県15▽青森県22▽秋田県8の45自治体などに対して実施した。

 住民の避難場所や避難経路を定める津波避難計画は、東日本大震災を受けて制定された「津波対策推進法」で…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文612文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです