メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

活性化 山形市と東北2都市、連携し観光PR /山形

 2019年に日本で開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)を契機に山形市、岩手県釜石市、宮城県石巻市が協力し、外国人の観光客を呼び込むプロジェクトが6日、スタートした。

 東北で唯一、開催都市となった釜石市、東日本大震災からの復興にラグビーの活力を生かす石巻市、公認キャンプ地に認定された山形市が軸となり、3市だけでなく東北全体の活性化を目指す。ラグビーの強豪・神戸製鋼で活躍した大西一平さんが発案した。

 ラグビーW杯は各チームの試合間隔が長く、長期滞在する観客も多い上に富裕層も少なくない。試合のない日…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです