メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 再生願い子ども像、福島市へ ヤノベケンジさん制作 /福島

 現代美術作家のヤノベケンジさんが東京電力福島第1原発事故からの再生をテーマに制作した子ども像「サン・チャイルド」が福島市に寄贈された。8月から教育文化施設「こむこむ館」(同市早稲町)に設置される。ヤノベさんと木幡浩市長は6日、福島市役所で記者会見し「福島の新たなシンボルになれば」と期待した。

 ヤノベさんは大阪府在住。2010年に県立美術館の展覧会へ出品したのを機に福島と関わり始めた。原発事故後の2011年6月、「何かをつくらなければ」との思いから、教壇に立つ京都造形大の学生たちと共に子ども像の制…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです