メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

松本死刑囚ら執行 藤岡、高崎、長野原に教団進出 関係者の思いさまざま /群馬

「当然」「平成の終わり象徴」「一段落ではない」

 オウム真理教の教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)らに6日、死刑が執行された。約20年前、県内各地で、突如現れた教団施設を巡って撤退運動などが繰り広げられた。「平成の終わりの象徴」「一段落とは言えない」。関わった人たちはさまざまな思いで受け止めた。

 「あれだけ悪いことをしたのだから当然」。藤岡市の沢入寛さん(85)は死刑執行のニュースを冷静に聞い…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1043文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです