メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「被害に即した賠償を」 避難訴訟控訴審始まる /千葉

 東京電力福島第1原発事故で福島県から千葉県に避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が6日、東京高裁(河野清孝裁判長)で開かれた。住民側は「国の責任を認め、被害に即した賠償を命じるべきだ」と主張した。

 昨年9月の一審千葉地裁判決は、避難による精神的損害など住民側の請求を一部認め、東電に約3億7600万円の賠償を命じた。国の責任は認めなかった…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです