メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「被害に即した賠償を」 避難訴訟控訴審始まる /千葉

 東京電力福島第1原発事故で福島県から千葉県に避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が6日、東京高裁(河野清孝裁判長)で開かれた。住民側は「国の責任を認め、被害に即した賠償を命じるべきだ」と主張した。

 昨年9月の一審千葉地裁判決は、避難による精神的損害など住民側の請求を一部認め、東電に約3億7600万円の賠償を命じた。国の責任は認めなかった…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]