メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「被害に即した賠償を」 避難訴訟控訴審始まる /千葉

 東京電力福島第1原発事故で福島県から千葉県に避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が6日、東京高裁(河野清孝裁判長)で開かれた。住民側は「国の責任を認め、被害に即した賠償を命じるべきだ」と主張した。

 昨年9月の一審千葉地裁判決は、避難による精神的損害など住民側の請求を一部認め、東電に約3億7600万円の賠償を命じた。国の責任は認めなかった…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです