メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内で出没相次ぐ 6、7月遭遇ピーク 推定生息数は横ばいかやや減少傾向 登山などは十分注意を /新潟

 県内各地で熊の出没が相次いでいる。県によると、4月から6月までの3カ月間に寄せられた熊の目撃・痕跡発見情報は325件と昨年同期(286件)より1割増加。けが人が出る被害も3件あった。増加の理由は不明だが、県は「7月は年間を通して熊と遭遇しやすい時期。被害に遭わないよう登山などの際は十分に注意してほしい」と呼びかけている。【井口彩】

 県民などから寄せられた熊の目撃情報や足跡などの痕跡情報は、1月は2件、2月はゼロ、3月は6件と例年…

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1352文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです