メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村文則さん=木葉健二撮影

 サッカーワールドカップ。スポーツには国民性が出るとも言われるが、どうだろうか。

 日本対ポーランド戦のあのボール回しの場面は、もう「なかったこと」になりつつあるが、今後の日本にとって何だか重要な問題を含んでいるようで、気になってしまう。

 同時刻に行われていたコロンビア対セネガル戦で、セネガルが1点取れば日本は敗退する状態。絶対に決勝トーナメントに上がれる場面でのパス回しならいいと思うが、そうではなかった。

 セネガルが1点取る確率と、「日本がポーランドに失点する」「イエローカードを二つもらう」確率をてんび…

この記事は有料記事です。

残り1482文字(全文1736文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]