メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

奏者とシンクロ、支える音色 映画で注目、仕事の魅力語る 釜井さん /三重

ピアノの調律をする釜井孝輝さん=三重県伊賀市で、大西康裕撮影

 ピアノ調律師の若者の成長を描いた映画「羊と鋼の森」が公開中だ。「本屋大賞」を受賞した宮下奈都さんの同名小説が原作。調律師になって半世紀の伊賀市の釜井孝輝さん(69)は「こんなに調律師が注目されたのは初めて。映画をきっかけに調律師を目指す人が増えればうれしい」と話す。釜井さんに調律師の仕事の魅力などを聞いた。【大西康裕】

 釜井さんは旧上野商高で吹奏楽部に所属。音楽の仕事に就きたいと卒業後は大阪府高槻市にある楽器メーカー…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文768文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです