宇川加工所

絶景のお供に「岬弁当」 経ケ岬灯台・駐車場で販売「名物目指し頑張る」 京丹後 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「岬弁当」を丹後の名物にしようと張り切る宇川加工所のメンバー=京都府京丹後市丹後町で、塩田敏夫撮影
「岬弁当」を丹後の名物にしようと張り切る宇川加工所のメンバー=京都府京丹後市丹後町で、塩田敏夫撮影

 京丹後市丹後町の女性たちでつくる「宇川加工所」が「岬弁当」を作った。地元の食材をふんだんに盛り込んだ手作り弁当で、近畿最北端の経ケ岬灯台下の駐車場で販売を開始した。願いは、灯台を活用したにぎわいと子や孫に手渡せる古里づくりだ。【塩田敏夫】

 宇川加工所は2013年にできた。現在、メンバーは10人。廃止となった下宇川保育所(現宇川ハウス)を活動の拠点とし、豊かな丹後の海、山の幸を生かした特産品づくりに取り組んでいる。環境を大切にする農法に取り組んでいる農家から米ぬかを買い取り、「米ぬかケーキ」…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

あわせて読みたい

注目の特集