ならまち糞虫館

生態に魅了された中村さんの夢 私設であす開館 奈良 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 奈良公園に多く生息し、動物のふんを食べるコガネムシの仲間「糞虫(ふんちゅう)」を展示する私設博物館「ならまち糞虫館」(奈良市南城戸町28の13)が8日午後、開館する。

 博物館は館長の中村圭一さん(54)が計画。1階が展示場で2階は多目的スペース。白色で統一された1階には、奈良公園で見かける糞虫など、国内外の糞虫の標本…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集