メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルパンギーナ

子供がかかりやすい夏風邪流行 手足口病も 県が警報 /佐賀

感染症予防は手洗いが有効

 県は、子供がかかりやすい代表的な夏風邪「ヘルパンギーナ」の患者数が流行基準を超えたとして警報を出している。特に伊万里、唐津地区で増加。警報発表は2年連続で、同じ夏風邪の手足口病も昨年から警報が続く事態になっている。県は「どちらの感染症も予防は手洗いが有効」と呼びかけている。

 ヘルパンギーナは、主に乳幼児がかかるウイルス性咽頭(いんとう)炎で、発熱と口の中の水ぶくれが主な症状。

 県健康増進課によると、6月25日から7月1日の週に、県内の定点医療機関から報告があった平均患者数が…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文673文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  3. 重過失致死 乳児死亡、父はゲーム 浴槽放置「自由な時間確保」 容疑で書類送検 埼玉
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 非常事態宣言で「一石二鳥」狙い トランプ氏、政府再閉鎖の回避と支持層アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです