メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルパンギーナ

子供がかかりやすい夏風邪流行 手足口病も 県が警報 /佐賀

 県は、子供がかかりやすい代表的な夏風邪「ヘルパンギーナ」の患者数が流行基準を超えたとして警報を出している。特に伊万里、唐津地区で増加。警報発表は2年連続で、同じ夏風邪の手足口病も昨年から警報が続く事態になっている。県は「どちらの感染症も予防は手洗いが有効」と呼びかけている。

 ヘルパンギーナは、主に乳幼児がかかるウイルス性咽頭(いんとう)炎で、発熱と口の中の水ぶくれが主な症状。

 県健康増進課によると、6月25日から7月1日の週に、県内の定点医療機関から報告があった平均患者数が6・65人に上り、流行基準(6人)を超え、4日に警報を発表した。同じ週の全国平均は0・64人。県内では1、2歳を中心に、伊万里地区で15・33人、唐津地区で14・5人と報告数が急増している。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです