オウム真理教

松本死刑囚ら7人執行 事件、節目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
死刑が確定した教団元幹部13人
死刑が確定した教団元幹部13人

 上川陽子法相は6日、東京・霞が関の法務省で記者会見し、オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)=東京拘置所=ら計7人の刑を同日執行したと発表した。上川法相は事件の概要や各死刑囚の役割などについて説明。そのうえで「命を奪われた被害者、ご遺族らの恐怖、苦しみ、悲しみは想像を絶する。慎重にも慎重な検討を重ねて執行を命令した」と述べた。【和田武士、鈴木一生】

 一連の事件では、松本死刑囚のほか教団元幹部12人の死刑が確定。同日執行されたのは2006年9月に死刑が確定した松本死刑囚のほか、早川紀代秀(68)=福岡拘置所▽井上嘉浩(48)=大阪拘置所▽新実智光(54)=同▽土谷正実(53)=東京拘置所▽中川智正(55)=広島拘置所▽遠藤誠一(58)=東京拘置所--の6死刑囚(09~11年に死刑確定、確定順)。平成最大の事件は今後、残る6人の執行の有無や時期…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文886文字)

あわせて読みたい

注目の特集