メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

死刑執行、平成のうちに 改元契機「オウム総括」

 オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した死刑囚13人のうち、教団元代表の松本智津夫死刑囚(63)ら7人の刑が執行された。計29人(刑事裁判上の認定は計27人)が死亡、6000人以上が負傷した平成を代表する事件は最大の節目を越えた。なぜ、この時期だったのか。上川陽子法相は記者会見で「慎重にも慎重な検討を重ねた」と述べるにとどまったが、関係者らを取材すると、天皇陛下の退位に伴う来年5月の改元を控え、国が「時代の総括」を強く意識した執行だったという印象がのぞく。【和田武士、伊藤一郎、坂本高志】

 オウム事件の刑事裁判は2011年11月、最高裁が遠藤誠一死刑囚(58)の上告を棄却し、死刑囚13人…

この記事は有料記事です。

残り2906文字(全文3205文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです