メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院

定数「6増」 自民案「削減に逆行」 他党批判、対案も

参院の選挙制度改革を巡って各党が国会に提出した案

 参院選の「1票の格差」を是正するための公職選挙法改正案が6日、参院政治倫理・選挙制度特別委員会で審議入りした。焦点は自民党案に盛り込まれた定数6増の是非だ。自民党は多様な民意を反映させるためなどと理解を求めたが、衆院や地方議会などの定数削減に逆行するだけに疑問視する意見が相次いだ。

 「人口減少社会にある。地方議会は定数削減の努力を続けている。衆院でも定数削減を進めている中で、参院だけが定数増を行うことに国民の理解が果たして得られるのか」。公明党の石川博崇氏は自民案の定数6増についてただした。これに対し、自民党の古賀友一郎氏は「1票の格差を縮小する。都道府県単位の地方の声を国政に届ける」と説明しつつ、「厳しい批判は謙虚に受け止める」と述べた。

 参院が選挙制度改革を迫られているのは、2015年の改正公選法の付則で、来年の参院選に向け、1票の格差縮小に関する選挙制度の抜本的見直しについて「必ず結論を得る」と明記されたためだ。ただ、格差を縮小するだけなら定数を増やす必要はない。公明案、国民民主案は定数を維持、維新案は定数削減しつつ、格差を縮小するものだ。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです