メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
オウム真理教

日本震撼13事件 教祖に法の裁き(その2止)

ゆがんだ信仰を支配

松本死刑囚「私は日本の王になる。真理にあだなす者は殺さなければ」

 「救済の名の下に日本国を支配して王となることを空想した」。松本智津夫死刑囚を一連の事件の首謀者と断じた1審・東京地裁判決(2004年2月)は、動機をそう認定した。

 松本死刑囚は1955年3月、熊本県八代市に生まれた。生まれつき目が不自由で、盲学校を卒業。上京後の82年ごろから仏教やヨガに傾倒して「麻原彰晃」の教祖名を名乗り、84年には「オウム神仙の会」を設立した。85年には「空中浮揚」する写真が雑誌に掲載されるなどし、「誰でも修行すれば超能力者になれる」と説いた。

 87年、団体名を「オウム真理教」に変更し、自らを「オウムの主宰神であるシバ大神とコンタクトを取れる…

この記事は有料記事です。

残り1862文字(全文2188文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです