メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

日本震撼13事件 教祖に法の裁き(その2止)

ゆがんだ信仰を支配

松本死刑囚「私は日本の王になる。真理にあだなす者は殺さなければ」

 「救済の名の下に日本国を支配して王となることを空想した」。松本智津夫死刑囚を一連の事件の首謀者と断じた1審・東京地裁判決(2004年2月)は、動機をそう認定した。

 松本死刑囚は1955年3月、熊本県八代市に生まれた。生まれつき目が不自由で、盲学校を卒業。上京後の82年ごろから仏教やヨガに傾倒して「麻原彰晃」の教祖名を名乗り、84年には「オウム神仙の会」を設立した。85年には「空中浮揚」する写真が雑誌に掲載されるなどし、「誰でも修行すれば超能力者になれる」と説いた。

 87年、団体名を「オウム真理教」に変更し、自らを「オウムの主宰神であるシバ大神とコンタクトを取れる…

この記事は有料記事です。

残り1862文字(全文2188文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです