メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

日本震撼13事件 教祖に法の裁き(その2止)

 「救済の名の下に日本国を支配して王となることを空想した」。松本智津夫死刑囚を一連の事件の首謀者と断じた1審・東京地裁判決(2004年2月)は、動機をそう認定した。

 松本死刑囚は1955年3月、熊本県八代市に生まれた。生まれつき目が不自由で、盲学校を卒業。上京後の82年ごろから仏教やヨガに傾倒して「麻原彰晃」の教祖名を名乗り、84年には「オウム神仙の会」を設立した。85年には「空中浮揚」する写真が雑誌に掲載されるなどし、「誰でも修行すれば超能力者になれる」と説いた。

 87年、団体名を「オウム真理教」に変更し、自らを「オウムの主宰神であるシバ大神とコンタクトを取れるグル(尊師)」と称した。教団には、超能力や死後の世界に関心を抱いたり、社会に不満を持ったりした若者らが引き寄せられ、88年までに出家信者100~200人、在家信者3000~4000人に達したとされる。100万円以上を寄付した信者に教祖の血を飲ませる「血のイニシエーション」を施すなど資金集めも活発化し…

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文2188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです