メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

オウム死刑執行

島田裕巳氏=鈴木英生撮影

 地下鉄サリン事件(1995年)など一連の凶行で日本社会を震撼(しんかん)させたオウム真理教。「宗教団体を装ったテロ組織」を率いていた教団元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら7人の刑執行が意味するものは何か。宗教学、被害者学、社会学の専門家に聞いた。

世相の残像が消えた 島田裕巳・宗教学者

 地下鉄サリン事件から23年。死刑制度の是非はさておき、今回の執行で「ようやく一区切りがついた」と強く感じた。私の人生もあの事件で大きく変わったが、まして被害者や遺族の方々にとっては、本当に長い23年だっただろう。

 オウム真理教は、特定の時代と世代を反映したからこそ大教団となり、大事件を起こしてしまった。高度成長…

この記事は有料記事です。

残り3730文字(全文4032文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 融資金詐取 てるみくらぶ社長に懲役6年判決 東京地裁
  5. 中国人姉妹殺害 40歳被告に死刑求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]