メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

「フリースタイルな僧侶たち」が50号 仏教を若者の身近に 超宗派の若手グループが無料情報誌

50号を迎えたフリーマガジン「フリースタイルな僧侶たち」のバックナンバーを手にする新代表の加賀俊裕・三津寺副住職=大阪市中央区で

 「お坊さん」とフリーマガジン(無料情報誌)という異色の組み合わせが注目を集めた超宗派の若手僧侶グループ「フリースタイルな僧侶たち」(通称・フリスタ)による同名の雑誌が、5月で50号の節目を迎えた。「お寺に座って待つだけでなく自分たちから発信しよう」と若者にも親しみやすい仏教の切り口を探りながら号数を重ねてきた。4月には代表も交代し、次のステップに向け動き出している。

 「布教の形に風穴を開けた」。新代表となった真言宗御室派・三津寺(大阪市中央区)の加賀俊裕(しゅんゆう)副住職(32)はこれまでのフリスタの活動をそう表現する。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです