メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西野Jの財産

サッカー/下 垣根のない育成を

2日のベルギー戦の試合終了間際、日本はベルギーのシャドリ(左端)に決勝ゴールを決められる=長谷川直亮撮影

 <Russia 2018 WorldCup>

 W杯での初のベスト8入りを目前で逃した日本代表。今後「8強の壁」を越え、継続的に上位に進むためにも、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「育成を真剣に考えないといけない」と力を込める。

 Jリーグでは、全てのクラブに下部組織を持つことを義務づけている。しかし、Jリーグがベルギーで開発された評価システム「フットパス」を使って各クラブの下部組織の理念、指導内容、その後の選手の成果などを300項目以上にわたって詳細に調べたところ、昨年4月に公表したJ1、J2対象の評価で、個人能力の育成については100点満点中25点と出た。その結果も受けてJリーグでは、クラブと連携し、理念をどう具体化するかの検討に着手している。

 日本サッカー協会技術委員長も務めたJリーグの原博実副理事長は「Jクラブの下部組織で抱えている選手は…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文965文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです