オウム真理教

松本死刑囚ら執行 一つの区切りに 遺族ら「長かった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松本智津夫死刑囚らの刑が執行され、記者会見する高橋シズヱさん=東京・霞が関の司法記者クラブで2018年7月6日午前11時20分、佐々木順一撮影
松本智津夫死刑囚らの刑が執行され、記者会見する高橋シズヱさん=東京・霞が関の司法記者クラブで2018年7月6日午前11時20分、佐々木順一撮影

 一連の事件からおよそ四半世紀。「教祖」として事件を首謀したオウム真理教元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)の刑が6日、執行された。事件の被害者遺族らからは「死刑執行は当然」と受け止める声が相次いだ一方、死刑囚の支援を続けた人たちは突然の刑執行に反発を強めた。警備当局は後継団体の今後の動きに警戒を強めている。【川名壮志、国本愛、小川直樹、中村宰和】

 地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(71)は午前、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見した。「突然だったので、びっくりしました」。冒頭、率直に驚きを口にすると、執行について法務省から報道発表前に電話があったと明かし、電話口で揺れた胸中を語った。

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3083文字)

あわせて読みたい

注目の特集