メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段敗退 残るは棋王戦 王座戦T

 高校生棋士の藤井聡太七段(15)は6日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第66期王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝で斎藤慎太郎七段(25)に103手で負けた。藤井が今年度中にタイトル獲得の可能性を残す棋戦は棋王戦だけになった。藤井の通算成績は81勝14敗(未放映のテレビ対局を除く)。

 タイトル挑戦の最年少記録は1989年に…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文241文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです