メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

7死刑囚、刑執行 惨劇忘れぬ 遺族「当然」「一つの区切り」

 一連の事件からおよそ四半世紀。「教祖」として事件を首謀したオウム真理教元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)の刑が6日、執行された。事件の被害者遺族らからは「死刑執行は当然」と受け止める声が相次いだ一方、死刑囚の支援を続けた人たちは突然の刑執行に反発を強めた。警備当局は後継団体の今後の動きに警戒を強めている。

この記事は有料記事です。

残り2701文字(全文2860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです