メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

岐阜・飛騨の44世帯、孤立

 東海地方では6日、活発な前線活動の影響で岐阜県を中心に大雨に見舞われた。8日にかけて大気が不安定な状態となり、名古屋地方気象台は引き続き、土砂災害や河川の増水への警戒を呼びかけている。

 同気象台によると、3日午後1時から6日午後4時までの総雨量は岐阜県本巣市樽見606ミリ▽同県関市板取576ミリ▽愛知県豊根村茶臼山445ミリ▽三重県大台町宮川183・5ミリ--を観測。岐阜県飛騨、高山、関、中津川4市と愛知県豊根村の48時間雨量は観測史上最大となった。

 同日午後10時現在、岐阜県飛騨、下呂、関、郡上4市の3905世帯1万1301人に避難指示が発令され…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです