メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

攻撃現場に有機塩素化合物 OPCWが報告

 シリア首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで4月7日に化学兵器攻撃があり約50人が死亡したと反体制派が発表したのを受け、現地調査や分析を進めていた化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は6日、採取した試料から化学物質である有機塩素化合物が見つかったと中間報告した。

 サリンなど有機リン系の神経剤は見つから…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文260文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]