メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

電柱上のカラスの巣撤去作業 漏電の原因

長い柄のついた間接活線工具を使って巣を撤去する東京電力パワーグリッドの社員=水戸市元吉田町で

 停電の原因となる電柱上に作られたカラスの巣を撤去する作業が茨城県内で進んでいる。営巣に使われる金属製のハンガーなどの針金が電線に触れると漏電を起こすのだという。送配電事業を行う東京電力パワーグリッドは例年、ヒナが巣立ちの季節を迎える6~7月に実施している。撤去作業の現場を取材した。【吉田卓矢】

 先月28日、水戸市元吉田町の一本の電柱に、同社の高所作業車が横付けされた。見上げると、電柱の地上約10メートルの場所に取り付けられた電気の開閉器上に茶色い木の枝の塊が見えた。

 男性作業員2人が高所作業車のかごに乗り、直径約30センチほどの巣に近づいた。一人が柄の付いた網を巣…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1005文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  3. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです