メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

梅雨前線+東シナ海の雨雲=大雨長期化

 今回の大雨は、西日本から東日本にかけて活発な梅雨前線が長期間停滞したことで起きた。さらに、東シナ海で発達した雨雲の塊から、大量の水蒸気が西日本付近に流れ込んだことも重なり、各地で激しい雨が長く降り続いていると考えられる。

 気象庁は6月29日、関東甲信地方で梅雨明けを発表。例年に比べ早い梅雨明けだった。

 しかし、今月4日に温帯低気圧に変わった台風7号が北上し、西に張り出していた太平洋高気圧が南東に後退…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文496文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです