メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

広島もろい地盤 大雨で高リスク

土石流が民家を襲った現場=広島市安芸区で2018年7月7日午前10時5分、本社ヘリから上入来尚撮影

 広島県では過去にも大雨による土砂災害の被害が起きている。1999年6月の集中豪雨では広島市内の新興住宅地などで土砂崩れが起き、32人が死亡・行方不明となった。2014年8月には同市北部の安佐南、安佐北両区で住宅地を土石流などが襲い、関連死も含め77人が犠牲になった。

 広島県の面積の約半分は花こう岩の地質が占めているとされる。花こう岩が風化してできた「真砂土(まさど)」と呼ばれる砂が硬い岩盤の上に堆積(たいせ…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです