元平和大使

「非核都市宣言を」 福岡市議会に請願

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「非核平和都市宣言」を求める請願書を福岡市議会に提出した吉原さん=福岡市中央区天神の福岡市役所で2018年6月13日午後5時10分、志村一也撮影
「非核平和都市宣言」を求める請願書を福岡市議会に提出した吉原さん=福岡市中央区天神の福岡市役所で2018年6月13日午後5時10分、志村一也撮影

 核兵器廃絶と世界平和を求める署名をスイス・ジュネーブの国連欧州本部に届ける「高校生平和大使」を務めた福岡雙葉(ふたば)高3年、吉原未来さん(17)=福岡市南区=と同級生の計5人が市議会に「非核平和都市宣言」を求める請願書を提出した。吉原さんは大使の任期を6月で終えたが「出会った被爆者たちは皆高齢で、バトンを渡されたと感じた。平和の大切さを学んだ体験を生かし、できることをしたい」と決意を新たにしている。

 吉原さんは小学4年生の時に家族で訪ねた「対馬丸記念館」(那覇市)で、太平洋戦争末期に米潜水艦に撃沈された学童疎開船「対馬丸」に乗っていて犠牲となった子供たちの遺影に心を揺さぶられた。その後もひめゆりの塔など沖縄の戦跡を巡り、多くの子供らが犠牲になったことに衝撃を受けた。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文739文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集