メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法案

審議入り 政府・野党かみ合わず

かみ合わないIR実施法案を巡る参院本会議のやりとり

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案は6日の参院本会議で審議入りしたが、野党の質問と政府の答弁はかみ合わないままだ。カジノ解禁への不安やギャンブル依存症対策など具体的な負の側面を問いただす野党に対し、安倍晋三首相は「日本型IR」の健全なイメージを訴える。

 矢田稚子氏(国民民主)は、「カジノは大負けで悲惨な状況に陥る。国民の不安解消に至っていない」と訴えた。これに対し首相は「単なるカジノ施設でない日本型IRのイメージを共有する全国キャラバンを実施したい」と、IRの健全なイメージを訴えて理解を広めたいと説明した。

 首相は「日本型IR」について「新たなビジネスの起爆剤になる」「家族で楽しめる」などとアピールする。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです