メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活意識調査

景況感改善 6月、生鮮食品高騰が一服

 日銀が6日発表した6月の「生活意識に関するアンケート調査」で、1年前に比べて景気が「良くなった」と回答した人の割合から「悪くなった」の割合を引いた景況感指数は、前回比2.5ポイント改善のマイナス9.9%となり、現在の調査方法になった2006年9月以降、最も高くなった。好景気による賃金増に加え、生鮮食品の価格高騰が一服したことが貢献した模様だ。

     日銀が年4回調査しており、全国の20歳以上の約2100人が回答した。1年前と比べて「収入が増えた」と回答した割合から「減った」を引いた割合は3.4ポイント改善。暮らし向きについても「ゆとりが出てきた」と答えた人が前回比1ポイント増え、3四半期ぶりに改善に転じた。

     物価を1年前と比べて「かなり上がった」「少し上がった」と回答した割合の合計は、生鮮食品価格の低下を反映して、前回比3.7ポイント低下の69.8%だった。一方、1年後の物価上昇率の予想はほぼ横ばいで、日銀が目指す物価上昇期待の高まりには遠い状況だ。【深津誠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
    2. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
    3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
    4. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
    5. 第100回全国高校野球 千葉大会 東大会8強決まる 木更津総合、拓大紅陵が圧勝 /千葉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]