メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・上海から米国に向けたコンテナ=ロイター

 世界経済をリードしてきた米国と、台頭著しい中国。貿易摩擦を深刻化させていた両国は互いに高関税をかけ合った。7月6日は世界経済に負の歴史として刻印されるだろう。

 今回の事態が深刻なのは、当事者が世界1、2位の経済大国という点にとどまらない。危機の核心は世界が長い年月をかけて築き上げてきた自由貿易体制が危機を迎えた点にある。

 1929年、米ウォール街の株価大暴落をきっかけに始まった世界恐慌を受け、景気低迷におののいた各国は…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです