メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・上海から米国に向けたコンテナ=ロイター

 世界経済をリードしてきた米国と、台頭著しい中国。貿易摩擦を深刻化させていた両国は互いに高関税をかけ合った。7月6日は世界経済に負の歴史として刻印されるだろう。

 今回の事態が深刻なのは、当事者が世界1、2位の経済大国という点にとどまらない。危機の核心は世界が長い年月をかけて築き上げてきた自由貿易体制が危機を迎えた点にある。

 1929年、米ウォール街の株価大暴落をきっかけに始まった世界恐慌を受け、景気低迷におののいた各国は…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです