メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム死刑執行

病理は消えたのか 元社会部長・小川一

オウム真理教の信者によってサリンが散布された電車が停車した地下鉄築地駅。東京消防庁の救急隊員らが、地上に出て倒れたサリン中毒症の乗客を駅の出入り口(中央)で手当てした=東京都中央区築地で1995年3月20日、本社ヘリから

 「松本智津夫」の名前が毎日新聞の紙面に初めて登場したのは1989年10月26日朝刊である。サンデー毎日のオウム真理教報道で名誉を傷つけられたと主張し毎日新聞社を提訴したと伝える記事だった。バブル真っ盛りの平成元年。社会に異様な姿をみせた教団はこの記事が出た9日後、坂本堤弁護士一家を殺害し、戦後50年の95年3月、地下鉄サリン事件を引き起こした。そして平成が終わろうとする中、「松本智津夫」は死刑となった。

 一連の事件を振り返る時、時代との因縁を思わざるを得ない。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1075文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです