メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
オウム死刑執行

中川死刑囚「遺稿」発表へ 化学テロ考察

教団に在籍していた頃の中川智正死刑囚=アンソニー・トゥー氏提供

 6日に死刑が執行された元オウム真理教幹部の中川智正死刑囚(55)は、収監されていた拘置所で、教団が化学兵器で武装していった過程や2017年にマレーシアで起きた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件について、自身の経験と照らし合わせつつ考察する論文の執筆に精力的に取り組んでいた。目的は化学テロを防ぐことだった。その「遺稿」が7月中旬、雑誌「現代化学」(東京化学同人)で発表される。【岸達也/統合デジタル取材センター】

 2011年12月以降、獄中の中川死刑囚と面会を続けた毒性学の権威で、神経剤に精通する米国の化学者、…

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2118文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです