メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム死刑執行

中川死刑囚「遺稿」発表へ 化学テロ考察

教団に在籍していた頃の中川智正死刑囚=アンソニー・トゥー氏提供

 6日に死刑が執行された元オウム真理教幹部の中川智正死刑囚(55)は、収監されていた拘置所で、教団が化学兵器で武装していった過程や2017年にマレーシアで起きた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件について、自身の経験と照らし合わせつつ考察する論文の執筆に精力的に取り組んでいた。目的は化学テロを防ぐことだった。その「遺稿」が7月中旬、雑誌「現代化学」(東京化学同人)で発表される。【岸達也/統合デジタル取材センター】

 2011年12月以降、獄中の中川死刑囚と面会を続けた毒性学の権威で、神経剤に精通する米国の化学者、アンソニー・トゥー(台湾名・杜祖健)コロラド州立大名誉教授らが明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り1792文字(全文2118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです