メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム死刑執行

中川死刑囚「遺稿」発表へ 化学テロ考察

教団に在籍していた頃の中川智正死刑囚=アンソニー・トゥー氏提供

 6日に死刑が執行された元オウム真理教幹部の中川智正死刑囚(55)は、収監されていた拘置所で、教団が化学兵器で武装していった過程や2017年にマレーシアで起きた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件について、自身の経験と照らし合わせつつ考察する論文の執筆に精力的に取り組んでいた。目的は化学テロを防ぐことだった。その「遺稿」が7月中旬、雑誌「現代化学」(東京化学同人)で発表される。【岸達也/統合デジタル取材センター】

 2011年12月以降、獄中の中川死刑囚と面会を続けた毒性学の権威で、神経剤に精通する米国の化学者、…

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2118文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです