メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

反ドーピングをアピール 全検体WADA管理

 今回のワールドカップ(W杯)は、2014年のソチ冬季五輪を機にロシア選手を取り巻くドーピング問題が明るみに出てから、初めてロシアで開かれる主要な国際大会だ。ロシアは、ドーピング対策を進めていることをアピールする機会ともとらえている。

 国際サッカー連盟(FIFA)が行うW杯でのドーピング検査は、FIFAから委託された医師が検体を採取。検体は欧州の他国の検査機関へ運ばれ、世界反ドーピング機関(WADA)の管理下で分析される。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は一切の関与をしない。RUSADAのパフノーツカヤ次官は「FIFAから依頼があれば手伝うが、ロシアの圧力という話が出ても困る。依頼がなければ何もしない」とのスタンスを示す。

 ロシアの国ぐるみのドーピング違反を巡っては、16年のリオデジャネイロ五輪は各国際競技団体に認められ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです